マッチングアプリでマッチングしない理由

マッチングアプリ実践編

最近の異性との出会いのきっかけとなっているマッチングアプリですが、これまで主流だった合コンや出会いイベントとは違って実際に会う前段階からやりとりを始めなければなりません。こういった中で、特にマッチングアプリ初心者にとっては、「マッチングアプリを始めたけど、なかなかいい相手とマッチングしない・・。マッチングアプリで沢山出会えている周り比べると、くどうも上手くいかない。」そんな風に悩む方は、とても多いようです。

誰か第三者にチェックして貰っている訳ではないので、そもそも自分のどこがいけないのか気づく事自体難しいかもしれません。「プロフィールの記載内容がダメなのかな?」、「初回のメッセージ内容が重くなってしまっているのだろうか」等、原因を考えだしたらキリがありませんね。

少し具体的な例を挙げるとすると、

「『いいね』をしてるのに、相手からの『いいね』が返ってこない。」

「自分なりに写真を充実させているのに、相手からいいねされない。」

「プロフィール内容を充実させているのに、いいねされない。」

「そもそも足跡さえつかない。つまり自分のプロフィールが見られてすらいない・・・」

実は、マッチングアプリで相手の方と出会うには、マッチングアプリを駆使する為の階段を1つ1つ着実に登っていく必要があります。

そこでせっかくマッチングアプリを始めたにも関わらず、相手の方とマッチング出来ずに悩んでしまっているあなたの為に、マッチングしない理由とマッチングするための正しいステップをご紹介します。

ここで正しいやりかたを身に着けて実践していけば、必ず効果を感じられるはずなのでぜひ最後まで読んでみてくださいね!

マッチングしない理由

1、アプローチ(いいね!)の数が少ない

マッチングアプリは、待っていても出会いはやってきません。

相手に求める趣味や性格、年収などあなたの条件を限定すればするほど出会いの数は少なくなってしまいます。また、マッチングアプリ上のプロフィール内容だけでその人の全てを知ることはできないのですから、より相手の事を深く知る為にも、まずは多くの方とマッチングして実際に会うという行為を繰り返してく必要があります。

ですので、相手に求める条件をやたらと絞らずにどんな相手でも自分の方からアプローチしていきダメだったらダメだったと諦めて次にいくというトライ&エラーを繰り返してきましょう。ある程度慣れてくれば、どういったタイプの人にアプローチすればいいねが貰えやすいのかというのも分かってくると思います。

2、不利な相手にアプローチしている

男性でも女性でも共通して言えるのが、若い方が良いですし容姿や身なりもオシャレでカッコいい男性(可愛い女性)の方が良いでしょう。実際にそういった人達が多くのいいねを貰っているのも事実です。

これに対して、例えば自分の年収は低いのに相手の年収の高さに惹かれアプローチしたとしましょう。この場合はよっぽど自分の容姿が良い等の強味がないとマッチング出来る確率は低いでしょう。つまり、相手の方の年収やルックス、スタイルや身なりが素敵な方というのはマッチングアプリ市場においても需要が多くあるので非常に人気だと言えます。こういった人達は、1日に200-300のいいねを貰ったりしているのでこういった人達だけにアプローチしていても、なかなかいいねが返ってくることはありません。

気になる相手がどれだけ良かったとしても、ライバルの多い相手を選んでしまうとどうしてもマッチングする確率は減ってしまうので、例えば新規ユーザー等にアプローチをする方が、出会える確率はグッと高くなります。

3、プロフィール写真のクオリティが低い

プロフィール写真のクオリティが高い方が圧倒的にマッチングする確率は高くなります。特に1枚目のプロフィール写真については、マッチングアプリを使っていく上で最も重要なアイテムであると言っても過言ではありません。

男女ともに、これからやりとりを重ね、その後実際に会うかもしれない相手ですので顔写真はとても大切です。この顔写真も撮り方をひとつ工夫するだけで、いいねの数が圧倒的に変わるのも事実です。ですので、顔写真については自撮り写真等で簡単に済ますのではなく、プロにお願いするのがオススメです。プロにお願いすれば、オシャレなカフェ等の雰囲気のいい場所を背景に撮って貰えたり、自分の要望に沿った写真が撮れるので、プロフィール写真が充実します。インターネットやTwitter等で検索すれば、マッチングアプリ専用の写真を撮ってくれるところが沢山出てきますので、自己投資だと思って行ってみてください。

また、顔写真がなくてもマッチング後に顔写真などを交換するケースもあります。中には全身の写った写真が欲しいと言われる方もいます。

顔写真がない場合でも、マッチングする場合もありますが、上記のようにマッチング後に、写真の交換をお願いされる場合もありますので、やはり自信のある写真については必ず準備しておきましょう。

【参考】 プロフィール写真に関する記事はこちら

4、自己紹介文が簡潔すぎる

自己紹介文についても、マッチングする上で非常に重要です。

マッチングする前というのは、自己紹介文を見ることでしかあなたの人柄を知ることが出来ないので、ここを簡潔な内容にしてしまうと印象に残らず今後の発展に期待するのが難しくなってしまします。そうならない為にも、自己紹介文については工夫する必要があります。

例えば「気軽な男女の関係になりたい、飲み友達が欲しい」といった人達に対してプロフィール内容が真面目過ぎると重くなりすぎてしまい、なかなかマッチングは難しくなってきてしまいます。逆に結婚を想定しているようなタイプの人にとっては好印象となります。この様に、ターゲットとして考える相手の属性によって反応は大きく変わってくるので、ターゲット層をイメージしながら自己紹介文を考えてみましょう。

【参考】 マッチングアプリで自分を魅力的に魅せるプロフィールの書き方

まとめ

いかがでしたか?

マッチングアプリで上手くいかない人は、あなたに魅力がない訳ではなくてアプリの使い方に問題があるようです。

「いいね!」をして、相手にアプローチする数が圧倒的に足りていなかったり、相手の方がどれだけ良かったとしても、自分が良いと思ったように他の人も良いと思っていますので、最低でも100人以上は異性にアプローチされていると思ってください。

そんなライバルの多い相手を選ぶよりも、例えば新規ユーザーに的を絞ってアプローチをする方が実際に出会える確率はグッと高くなります。

また、顔写真は最も重要な部分になります。今手元にある写真の中で良いものを選んだり、自撮り写真を登録している人が大半でしょう。しかし、それではマッチングする確率がガクンと減ってしまいます。ですので、本文でも紹介していますが、プロにお願いするのがオススメです。プロにお願いすれば、マッチングアプリで魅力的に映る写真を撮ってくれますし、自分の要望に沿った写真が撮れるので、プロフィール写真を充実させる事が出来ます。

最後に、自己紹介文はあなたの人間性や魅力を引き立たせてくれる部分でもあり、相手にとっては重要な判断材料になる部分です。

ぜひ、あなたの魅力をたくさんの方に知ってもらえるように努力していきましょう。

コツコツと頑張れば必ず良い相手と出会えますので頑張ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました